« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月23日 (日)

金沢観光編

にし茶屋街
金沢にきた理由のひとつ「かわむら」の甘納豆を食べること
ここは「世界遺産級」らしいです。やっぱりおいしかった。
格子の街です。三味線の音が聞こえました。 「タイムスリップ!」

Photo

尾山神社
前田利家を祀ってる神社です。「パワースポット」みたいです。

洋の要素があってかっこいい神社です。

Photo_3

前田利家像 背中の丸いおにぎりのでっかくしたようなものは母衣(ホロ)といって矢や投石から守る防具らしい「ほうぅ」知恵だね

Photo_2

ひがし茶屋街
ここもタイムスリップ。ちょうどツバメのヒナが軒下にいました。
今の家のつくりじゃ軒下がないからツバメの巣をつくんなくなったよね。

Photo_5

兼六園
兼六園といえば「ことじ灯籠」あまりにも地味だったのでうっかり 通りすぎるところだった。
6月は緑色。 春くれば桜や梅が満開できれいだろうね
期待してたが 「がっかりスポット」だった。

Photo_6

その中でも日本で一番古い噴水にじぇじぇじぇ・・

Photo_8

金沢城
これまでの歴史のなかで何度も焼けたり 戦時中は陸軍の司令部があったり 金沢大学がおかれたり
・・だから城って感じじゃなかったのね。石垣はご立派です。

Photo

バスも使わずずっと歩いて観光してやった。(へんな達成感) 

歩行距離約15km

兼六園でスケッチしようとおもったが 人の多さに挫折。

腕をみがいて「ちぃさん」のように散歩しながら「さらさら~」とスケッチするのが夢であります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

吉川晃司@金沢文化ホール

金沢にいってみたかったので 吉川さんのLIVEとぶつけて行ってきた。

遠いなぁ~。東京から越後湯沢まで新幹線 そこから特急で金沢まで。

北陸はいったことがないので爆睡せずに車窓を楽しもう。
新潟から富山かけて田植えされた田園風景は日本どこいっても同じ。

このすばらしい風景をみれるのは
農家の方がきちんと手入れをしているからだと2年前気づきました。

でも途中からの記憶がない 私は「ナツバッパ」のように目をあけて寝るわざを覚えてしまったのでだろうか?

いつのまにか金沢到着。あついなぁ~

LIVEはアルバム聞きこんでなかったのでいつものとおり 「テキトウ」に歌ってたのしみましたがノリの方はいまいち。
小学校の時、先生がいってました「予習は大事よ」今になって身にしみます。

端っこすぎて音がわれてききづらいのが玉に瑕 バンドのメンバーが4人しかみえないのが玉に瑕。ホッピーさんどこにいんの?。

でも前のほうだったから
吉川さんとバチバチ目が合う妄想全開の席なんだけど ・・目があっても

でもなんだんだ????ときめきないぞ。おかしいな??
旅疲れか? もしかして 「あまちゃんの種市先輩」にうつつをぬかしているからか??

よくわからん。
8月の武道館でもういちど復習して自分確認してみよう。

余談ですが「あまちゃんネタ」を2つも入れてしまった。 そうなんです。
今は吉川よりも「あまちゃんに夢中なんです」

金沢観光と食道楽のたびレポは後ほど・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

入の元湯 神泉亭

山のぼりの帰りは温泉

内郷高野にある 「入の元湯 神泉亭」

こことってもいいです。 昭和いや明治って感じです。
温泉の鉱泉で肌つるつるです。

年代もののマッサージ機と体重計 動くのかな?

Photo_6

Photo_7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高柴山

5月下旬にはつつじが満開で有名な「高柴山」に登ってきました。

残念ながらもうつつじは終わってました。

標高884米 そんなに高い山ではないので 気軽に登れます。

しかし 私のリュックはなぜがヒマラヤ登山をするのではないかぐらい大荷物になってしまった。
いつも持ち物のチョイスがうまくいかない。

まぁ山なのでなにかあるかもしれないのでちょうどいいのです。

それに今回は 鈴を忘れてしまって「くま」に出会ったらどうしようと不安もあったが・・
武井壮ばりに戦う自身あり。

山に登ると木の名前や花の名前がわからなくて もやもやする。
植物博士を連れていきたいもんだ。

お友達が名前を教えてくれた 白いきれいな花?キノコ?「ギンリョウソウ」

Photo

備忘録
浮金登山口(11:00)→山頂(11:30) お弁当  下山(13:00)→浮金登山口(13:30)

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »